ヘッドライン

2011年02月27日

長男の入院と不思議体験

2月1日
長男は、昨日からの頭痛と吐き気がひどく、体に力が入らないと言うので、オクサマがかかりつけの小児科に連れて行くと、山口県立総合医療センターへ行くように言われました。
診断の結果は髄膜炎。そのまま入院となりました。
おたふく風邪も直りきっていないので個室で、容態が落ちつくまでは親が交代で付き添うことになりました。
髄膜炎は、おたふく風邪の合併症として比較的なりやすい病気だそうです。


2月2日
長男は頭痛がひどく、かなり苦しんでいました。
髄膜炎の症状は頭痛、発熱、関節痛、吐き気などで、首や膝を曲げるとかなり痛みを感じるようです。光をまぶしく感じるというのも症状のひとつです。


2月3日
症状は比較的落ち着いてきました。
まだ少し頭痛はするようです。


2月4日
大分元気になりました。
部屋から出れない、と言いますか、ベットから降りること自体を禁止されているので暇そうでした。
TSUTAYAでマンガを借りてきてやりました。


2月5日
経過が良好だったので昼に退院できました。
来週の月曜日に通院して結果次第で学校に行けるそうですが、この土日は外出禁止です。
入院中には、クラスメート全員のメッセージが書かれた寄せ書きをもらったり、他にも、野球部の子たちや近所の子がお見舞いに来てくれるとのことでしたが、おたふく風邪でもあったので先生に面会はダメ出しされまして、丁重にお断りしました。
気持ちだけで親子共々ほっこりした気分になりました。ありがとうございます。


2月7日
午前中に病院で診察を受けた結果、学校に行ってもいいと言われたので、昼から登校。
久しぶりの学校で教室に入るのが恥ずかしかったそうです。


2月8日
長男は久しぶりに1日学校に行きました。
ところが、学校でインフルエンザが流行して、長男のクラスは13人休んで明日9日から13日まで学級閉鎖に・・・
週末の野球の練習試合は、主力の5年生4人が学級閉鎖で出れなくなったので中止になりました。
長男は再び自宅待機の毎日です。
長女のクラスも休みが増えてきたのですが、長女の願いもむなしくギリギリで学級閉鎖になりません(苦笑)


2月14日
学級閉鎖も終わり、みんな通学・通園・通勤。我が家もやっと平常の生活に戻りました。

健康って大事ですね。皆さんもお大事に。





長男が入院中、不思議ことがありました。

ひとつめ。
担任の先生がお見舞いに来てくれて本を置いていってくれたのですが、その本の総ページ数が病室の部屋番号と同じで、びっくり。

ふたつめ。
初心霊体験をしました。
付き添いの人が寝るのは折りたたみ式の簡易ベットで、子どものベットの横に置きます。
縦も横もサイズが小さい上に、敷布団を敷いてもやわらかく体が沈むので、寝心地はあまり良くないです。
高さも低いので、寝て横を見るとメインのベットの下と反対側が見えます。

入院中の長男は、夜中に頭痛がひどい時や小便をしたい時など、何度か親を起こします。
夜、簡易ベットで寝ていると呼ぶ声がするので目が覚めました。
上体を起こしてベットを見ると長男は熟睡中。
気のせいと思って、もう一度寝ようとそのまま横になりました。
自然とベットの下に目が行きました。


女の人が座っていて、こちらを見ていました。


正座してた・・・と思います。
割と整った顔立ちで、髪は黒か濃い茶色で肩より少し長いぐらい。
年齢は20台ぐらいで、服装は白っぽい淡い色のワンピースかTシャツだったと思います。

恐ろしい顔をしていたわけではなく、冷気とかも感じず、近寄ってくるわけでもなく、いわゆる「これは危険だ」と言う感じはしませんでした。
しかし、少しすると少々怖くなったので反対を向いて目を閉じました。
そのままいつの間にか寝て、起きたら朝でした。

これまで心霊体験をしたことはなく、霊感はないと思います。
ホラー系は割りと動じないほうだったのですが、さすがに翌日に退院が決まるまでは、長男とオクサマに話せませんでした。
話したらビビッてましたねぇ

その後、看護士さん2人(女性)にその話をしたら否定しないんですよ。
その人達は直接見たことはないとのことですが、「時々そんな話は聞きます」とか「まぁ病院ですし」って言われましたよ・・・
どこの病院もそんな感じなんでしょうか。

と言うか、次に入院が必要になったらどうしよう・・・
posted by えーじ at 07:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月12日

駅伝とおたふく風邪

1月後半もいろいろありました。

20110122001.jpg1月22日
市内のスポ小を集めた駅伝大会がありました。
うちの子たちが入部している野球部からはABCDの4チームが参加しました。
5年生の長男は短距離はものすごく遅いのですが、長距離は結構速いので主力のAチームで参加、チームは2位でゴールしました。

3年生の長女は低学年主体のDチームでした。長女も長距離は結構速いです。Dチーム自体は限りなく最下位に近かったのですが、その中で長女は頑張っていました。

で、わたしは立哨、交通整理です。
数メートルおきに2人一組で父母が立ちます。海沿いで車の通りが少ないところなので、少し多すぎのような感じもします。
他のチームの子も含め、走っている子全員に向けて交通整理用の旗を振りまくって応援しました。
一緒に立ったお母さんは一緒に振ってくれてましたけど、他の父母はそんなことしてませんでしたね・・・


1月26日
長男がおたふく風邪を発病。下の子からもらってしまった可能性が高いですが、市内で結構広がってるいるとのことなので、どこかでもらってしまったのか。もらう機会はたくさんありましたし・・・
ともかく診断を受けてしまった以上は自宅待機です。
しかし、首周りは腫れていましたが、熱はなく元気いっぱい。
少し勉強したら、あとは読書にマンガにゲームと休みを満喫していました。


20110131001.jpg1月31日
昨日から雪が降り、市内は雪景色でした。
それでも道路には積雪しておらず普通に運転できていたのですが、仕事で行った徳地は、とんでもない積雪量。
なんとかお客さんのところまでたどり着きましたが、お客さんの敷地に入る道、そこはほんの少しの坂道になっていて、入ったはいいが戻れなくなりました。
通りがかった宅配業者の兄ちゃん達が押してくれて、なんとか脱出できました。
長男のおたふく風邪は、腫れもだいぶ引いたので、もうすぐ学校に行けるね、と朝話していたら夕方からひどい頭痛と吐き気に襲われました。


続きは次回!
posted by えーじ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記