ヘッドライン

2008年09月10日

人間関係と敵の存在

あるフランチャイズと言えるであろう仕事をやっているのですが、その本部がぐだぐだで、トラブルメーカーで、その上社長は説明責任をはたすどころか、責任回避にやっきで電話にさえ出てきません。
その割りに会社としては上から目線で説明してくるので、かなり憤慨しています。

仕事にしろ、政治にしろ、家庭にせよ、社会生活と言うのはやはり人と人との関係の上に成り立っていると思います。
システムがよかったり、言っていることはある程度正しくても、人に魅力がなければ(なくなれば)、一気に冷めます。
逆に、なにかしら惹きつける力があるのならば、少々は我慢してやろうかと思いもします。

今回はもう関係が壊れても致し方なし、って感じで、たちまちは、ちょっと悪意のこもった質問状を連発してやろうかと思ってます。

やはり「敵」の存在は必要なのかもしれません。
勝とうとする対象と、その理由がはっきりすることで、具体的な結果を求め、方針も定まります。
いい意味でテンションも上がってますし、ね(笑)
posted by えーじ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年09月05日

夏休み終了

子ども達の夏休みも終わり、9月1日より学校が始まっています。
うちの子達は真っ黒に日焼けしています。
ついでにオクサマもそれに負けないぐらいに焼けています。

夏休みは母親の負担が激増するので、学生のころは「待ちに待った夏休み」で「ずっと続いて欲しい」ものですが、母親からすると「やっと終わってくれた」といった感じで、小学校のありがたみを感じているようです。
posted by えーじ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記